<   2006年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

メロンパン

時は今日の6時間目の前の休み時間、
場所は移動教室の前。
移動教室ってんなら教室が移動して来ればいいのになんてくだらないことを考えるMASA。
そこで起こった意外な出来事。


MASA「メロンパン食いてぇ。」
友人O(女)「家の近くのパン屋さんにおいしいメロンパンあるんだよね!」
MASA「じゃあ金を渡すから買ってきてくれ。」
友人O(女)「えぇ~」
MASA「友人の頼みだと思って引き受けてくれ!頼む。」
友人O(女)「…」
MASA「友人なんて馴れ馴れしすぎたか?じゃぁクラスメートの頼みってことで引き受けてくれ!」
友人O(女)「たかがクラスメートの頼みなら聞かないよ?」
MASA「じゃあ友達ってことで、メロンパンのために友達ってことで!」
友人O(男)「メロンパンのためかっ!(笑)」
友人O(女)「それってひどくない???そういえば○○のメロンパンってまずいよね。」
MASA「あんなのメロンパンじゃねぇよ!あんな表面ベタベタ。メロンパンってのはそとはサクサク、中はフワフワってのが常識なんだよ!」
友人O(女)「シャナみたいなこと言わないでよ!」
MASA「(なんだ、この女、いままで軽くてちゃらちゃらしている奴だと思っていたが…実はオタクか、そうなのか?)」


というわけでたまにいますね、全然それっぽい雰囲気出していないのにオタクだった人。
この前も友人(といっても24歳くらいですが)がそうでした。
いままできれいなお姉さんだと思っていたんですがオタクが発覚したら急に…
「いや~マジカヲル君かっこいい!私も過呼吸になるから人工呼吸してもらいたい!!!」
だそうな、
人って見かけによらないんだね。

そういえば最近「金色のガッシュ」を読んでいます。
ブログの更新をサボって(笑
いや~あの漫画は名作だね、とにかく15巻までは面白さ、感動、勢いどれをとっても最高ランク!だと思います。
彼女に毎日4巻づつくらい借りてみているのですが何度も何度も泣いています(笑
[PR]
by taikutunimisekake | 2006-08-29 22:25 | MASAの戯言

メープルホイップメロンパン

本日の朝、決戦の朝。
私は早起きして、たまっていた夏休みの宿題を早急に写し、学校へ向かった。
というものの今日は雨が降っていたのでバスと地下鉄を使っていくことに。全くもってツいていません。ですが地下鉄の駅を出たすぐ後にセブンがあるのでそこでメープルホイップメロンパンを調達することに。
しかし道を急ぐあまり何気なく通れるはずの改札に切符が上手く入らずに腕だけ改札の切符投入口と格闘して本体は改札を抜ける寸前という妙な光景が出来上がってしまいました。

しかしそんなことではめげない。

それから地上へ出る間の私の頭の中は…

メロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパンメロンパン…

そしてコンビ二入りパン売り場へ…

あったぁぁぁぁぁぁ!!!

僕にもメロンパンがあったんだ、これほど嬉しいことはない。
というわけで無事メープルホイップメロンパンゲット。
味は…天下一品。
というもののこれはメロンパンというジャンルではない気がする。形や雰囲気だけですな。
私的にいえばメロンパンは「外はサクサク、中はフワフワ」というのが条件であり、コンビニのパンではほとんどこの条件をクリアーできるものはないと思います。
このメープルホイップメロンパンは外はサクサクというよりポロポロという印象を強く受けますね、しかし何もそれが悪いといっているわけではない。全然オッケー!!!
それにこいつを発見できなかった数ヶ月の間に最強のメロンパンは見つけてしまったわけですし。こいつのような別方向のアピールもありだと思いました。ってかありです。
用は美味ければそれでいいんじゃねぇの?というわけです。
[PR]
by taikutunimisekake | 2006-08-22 22:25 | MASAの戯言

不幸

これを話せば高校1年生のときにさかのぼる・・・ワタクシ、MASAは学校で行われた勉強合宿なるものに参加していました。まぁ男女とも参加者はいて、しかも学校の中。
青春だ!!!
まぁ私たちが監禁されていた寝かされていた部屋は職員室の前。脱出不能だと思いきや監禁室のドアの上には窓がっ!そこで先生たちが職員室の電気を消し活動を停止するのを見計らって外へ脱出!見事彼女の元にたどりついてイチャついていましたとさ♪
まぁこんな話はどうでもいい余談。
そして次の日。朝食を調達するために散歩の意味も含めコンビニへ。そこで私は運命の出会いをします。偶然、そう偶然。手に取ったメロンパン。それが私の運命を大きく変えることになるとも知らず私はそれを手にした…
そして学校に戻ってきて早速食べ始める。しかしそこでハプニング。クラスメートS君が
「この醤油、袋切ったのに出てこね…」
ブシュ!!!
見事にかけられました。
まぁこんな話はどうでもいい余談。
そんなこんなでこちらも食事を開始。買ってきたメロンパンに口をつける。
…美味い、セブンイレブンのメロンパンはバケモノかっ!
まぁそれが俺とメープルホイップメロンパンと出会いでした。


そして2年の歳月が過ぎて私は高校3年生になった。
そしていまからさかのぼること数ヶ月前(たぶん5月くらいかな?)。猛烈にそのメロンパンが食いたくなった。しかしずいぶん食べていなかったのでコンビニにあるかどうかも心配でとりあえずセブンへGO!
…ない。
なぜだ、メロンパンよ、なぜ売っていない!
そこから私のメープルホイップメロンパンを求める旅が始まったわけです。どこに行ってもまずコンビニに入りパン売り場を見るという習性が体に染み付くほど私は探しました。
しかしない。セブンのバイトをしている人に聞いたところ
「あれは前に入荷やめちゃったよ。」
ざけんな、殺すぞ
しかしそれでは諦めきれずに私は様々な種類のメロンパンを食い続けました。あれに匹敵する味があるのではないか、と。
しかしコンビニのメロンパンであの味を凌駕するものはありませんでした。

そして今日の放課後…
月曜日は週に一度の立ち読みの日。今日から学校が始まりマジで憂鬱な気分まっしぐらのMASAは学校帰りのゲオでジャンプの立ち読み。しかしそこで私は気づいてしまいました。
ヤングマガジンがねぇ
ジャンプとヤングマガジンの立ち読みは欠かせません。早速近くのコンビニへGO!
まぁ普段の癖でパン売り場へよってみたわけですよ。
…貴様ァ!なぜこんな所にいるんだァ!
見つけてしまいました。メープルホイップメロンパンを。
ウカレました。早速いつもの癖でギターのために伸ばしている右手の爪の先で焼き色がよさそうなパンの表面を袋越しにつついてみる。(良い子も悪い子も真似しないでね♪)
このクッキー生地の堅さ…いける!
そしていざこうにゅ…

以下回想シーン

クラスメートS「おい、MASA!俺の1円玉10枚と10円玉、交換してくんねぇ?」
MASA「やだよ。」
クラスメートS「じゃあ1円玉11枚と10円で交換!」
MASA「…ってかワリィ、俺今日財布持ってきてねぇんだわ。」
クラスメートS「…H、お前交換してくんねぇ?」


コンビニのMASA「ギャァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!!!!」
注意・心の叫びです。
MASAの精神崩壊寸前。
明日メロンパンが売ってなかったら崩壊。
[PR]
by taikutunimisekake | 2006-08-21 18:15 | MASAの戯言

とうとう

とうとう購入いたしました!!!
なにをって?そりゃぁもちろん・・・




















d0064280_14294096.jpg


デジモンですよ!

…なんでだよ(笑)いや~この前から欲しかったんすよ!友人Aとビックカメラに行った時に偶然発見してから欲しかったわけです。
私はばっちりデジモン世代の人間で、小学校4年生だかそんくらいの時期にデジモンは流行っていたわけです。まぁ俗に言われる初代デジモン(一番最初に発売したデジモン、その後本体を振ることによってコマンドを入力できるデジモンペンデュラムが発売される)で遊んでいた子供だったわけです。私が持っていたのはペンデュラムでしたが。
なのでこれの存在をこの目で確かめたときは正直驚きました。なにせ今までのデジモンシリーズに比べてものすごく小さいのですから!
サイズは…
d0064280_14295020.jpg

こんくらい。相当小さい。まぁこれからこいつで暇つぶしをしていこうと思います。
進化したらブログにも報告しようと思います。
[PR]
by taikutunimisekake | 2006-08-16 14:46 | Toyレビュー

材料収集

先日友人と一緒にビックカメラに出かけて材料を収集してまいりました!戦利品は…

1.フィニッシングペーパー(ヤスリ)荒目、細目、仕上げの3種
これは頭部のスクラッチに使うものですね。まぁちょうどヤスリを切らしていてこれがなきゃ話になんないので買ってきました。これで1年は大丈夫です♪
2.MR.COLOR マルーン
赤のもっと濃いような色です。小豆色みたいな感じのやつです。本体の塗装に使用します。
3.マスキング・ゾルNEO
前回のブロンクス製作で痛感した塗装の後の間接の変化というものを対処しようと思って購入してきました。ブロンクス本体の塗装のときにマスキングテープだけでどうにかしようとしてしまい、間接に塗料が入り込み、動かしたときに違和感を覚えるような可動になってしまったので(なんか間接がやわらかいというような感じ)それに対処するために完全にパーツに密着できるマスキング・ゾルを買いました。これなら間接の動かしごたえを変えることなく塗装することが出来そうです。
4.瞬間接着剤
まぁ切れたんで買ってきただけです。

とまぁこんな感じでオリジナルミクロマンを作る準備は整ったわけです。
…後は時間とやる気か…(苦笑)
[PR]
by taikutunimisekake | 2006-08-13 23:04 | オリジナルミクロマン製作記

オリジナル、再開

d0064280_2122251.jpgd0064280_21223221.jpg
とうとうはじめました、オリジナルミクロマン。以前一度作ろうとしてなぜかやめてしまい、それからずっと頭の中で構想を練っていました(容姿や設定)。しかしいい案が見つからず苦戦していたところで友人Nの存在を思い出しました。友人Nの書くロボットなどはいつもかっこよく悔しいけどそいつの能力は認めざるを得ないものがありました。
もともと私はマスクフェイスのものしか作るつもりがなかったのでそいつにヘッドデザインを書いてもらうことに。先日上がってきた原稿もなかなかいいものでした、それの3次元にする上での矛盾点を解消しつつ若干のアレンジを加えてオリジナルミクロのヘッドを作ろうと思います。

その第一歩としてまずダイアンの頭複製。ダイアンの頭部は男性ミクロにつけるとわかりますが人間として最低の大きさの頭部だと思います。(まぁこんなに小さい人いませんが)外国人の頭がすんごく小さい人とかはこれに近い大きさですし。(たぶん)故にこいつを使えば頭が大きくなりすぎることもなければ違和感のない大きさのマスクフェイスが出来るというわけです。まぁ前回のブロンクスもその理由でダイアンの頭を芯に使ったのですが。
まぁ今回もこれを芯に使います。まぁこれは以前から複製していたものですが。

そして今日素体を染めました。以前読者様からいただいたスコールの塗装を落とし、SDNの黒で1分30秒ほど染めて出来上がり。見事にダークレッドをもっと暗くしたような感じのものに仕上がりました。まぁアスラのボディをもう少し暗くした感じ。
頭部はダイアン、ボディはこれを使用してこれから作成をしていこうと思います。
…高校卒業までに完成するといいなぁ~(遠っ!!!
[PR]
by taikutunimisekake | 2006-08-08 21:35 | オリジナルミクロマン製作記

Dante

d0064280_17172129.jpg

本日紹介するのは海洋堂とタカラの共同ブランドで出していた「デビルメイクライ・ミニアクションフィギュア」のDante(A)です。こいつのほかにもDante(B)とネロ アンジェロとマリオネットとマリオネット(ブラッディマリー)がありますがこいつ以外持っていません、ぶっちゃけネロ アンジェロ以外いらないし。ところでこいつ写真ではあまりサイズを意識しませんが…
d0064280_17172723.jpg

こんなにちっちゃい。ミクロマンより全然ちっさいです。このサイズでフルアクションに近いのですから驚きです。
d0064280_17173286.jpg

装備品はこの写真のものとスタンドにつける先が曲がった棒のようなものです(写すの忘れました…)。この腕などを交換することによりさまざまなポーズに対応します。
d0064280_17174791.jpgd0064280_1717385.jpg

いや~かっこいいっすね♪こういう大胆なポーズが決まるのは山口式可動人形の強みですよね。スタンドとスタンドに取り付ける棒を使ってDanteの後ろにある穴に差し込めば右のようなポーズにも対応します。
d0064280_17175638.jpg

あと結構お気に入りなのがこの大剣。まぁ全くゲームの内容を知らない私は何がなんだかさっぱりわかりませんけどね(苦笑)こうやって写真で見るとサイズなんて全然わかりませんよね、迫力まんてん♪
d0064280_17181283.jpg

まぁ実際ちっさいけど(笑
[PR]
by taikutunimisekake | 2006-08-05 17:30 | Toyレビュー