リボルテックシリーズNo.031ゲッター1の巻

d0064280_137325.jpg

こんばんわ♪MASAです。

今日もフィギュアのレビューでもしますよ♪今回のフィギュアは前にも写真を載せましたが上の写真の手前、ゲッター1です。

ですがレビューするにあたって問題発生。リボルテックのポージングとか写真の撮り方に慣れていないため、相当ヘボい写真が連発。そこは勘弁してください。MASAの普段触らないサイズだったので許して仮面。



d0064280_1442796.jpgd0064280_1443435.jpg
とりあえず前と後ろから。いやぁ、シンプルなデザインですね。さすが昔の作品。
ですが頭と体のバランスとかリボ球の股関節の処理とかその辺りにはやはりセンスを感じます。がっしりしたデザインなのですが決してシャープさを失わないという、ゲッター1の立体物の中でもトップレベルのバランスなのではないでしょうか。

関節は首が付け根に6ミリリボ球、肘にも6ミリリボ球、腹部の内部と股関節と膝関節と足関節は9ミリリボ球。肩は山口式可動となっており、少しポージングにコツが必要です。
d0064280_1443989.jpg

付属品はこんな感じ。ですがMASAは完全にトマホーク派なのでゲッターマシンガンは持たせません。それにこのフィギュアは武器を持つ手が伸展(外側に向かって角度が付いている)しているのでマシンガンをまっすぐ構えることができません。そのため「黙れぇ!!!」ってじじぃに向かって竜馬がいうところを再現できません。(わからないですよねw)
d0064280_1444466.jpg

とりあえずパンチ。腰の可動がなく、胸のところに入っているため、こういった単純なポーズはちょっと地味になってしまいますね。ですが基本的はポーズはとれます。
それにゲッターはこういう地味な動きはしないですので問題なし。
d0064280_144508.jpg

ゲッターウイングをつけて飛ばしてみた。いきなりカッコ良くなりました。やっぱり空中戦闘用の名は伊達じゃないですね。このフィギュアは浮かせることで真価を発揮するのではないかと思うほど。
d0064280_1445592.jpg

飛ばしてみました。劇中だと竜馬が「ゲッタァァァウィンンングッ!」って叫んだあとこういうポーズで飛びましたよね。この一見ダサい飛び方が実に、本当にかっこいい。このポーズが決まるというのはやはりマントの表情のおかげなんでしょうね。
d0064280_145039.jpg

そして極めつけのゲッタートマホーク。劇中では「ゲッタァァァァトマフークッ!!」っていってるところが何回もありました。実にかっこいいです。
こんな感じで空中から降下してきてトマホークを下の敵に叩きつけるシーンとか、なんかあった気がします。お気に入りのポージングの一つです。こういうところで胸に仕込まれたリボ球が本領を発揮しますね。記事トップの写真の次に上手く撮れたかな?
d0064280_14552.jpg


最後にまたまたゲッタートマホーク。こんな感じでゲッタードラゴンを真っ二つにしてました。早くゲッタードラゴン欲しいです。そしてスタンドフル活用で真っ二つにしたいです。

いじっていた感想としては非常に遊べるフィギュアかな、と。ですが肩の山口式可動、そして持ち手の主関節の角度など、MASAとしてはなれない部分が多かったっため、これからのリボ慣れに期待です。

あとネオゲッターとゲッタードラゴンには激しく期待です。

そんなこんなであまり参考にならないうえに時季外れのレビューでした♪
[PR]
by taikutunimisekake | 2009-07-07 02:08 | Toyレビュー
<< 近況報告2010年11月の巻き ジャークノイド・エグゾ(ミニ)の巻 >>