ジャークノイド・エグゾ(ミニ)の巻

d0064280_2312532.jpg

こんばんも♪連日UPのMASAです♪

今日はちょっと遅れたジャークノイド・エグゾ(ミニ)の紹介です♪
このフィギュア、6月発売のリボルテックを購入するとついてくるというものだったのですがほしいフィギュアがなく、断念していたのですが友人Aが今日くれました♪
本人曰く「緑ダブった、いらない子だし、やるよ」とのこと。
このツンデレめ♪(笑)

大きいサイズのこのシリーズもいいとは思うのですがミクロファンのMASAとしてはこのサイズの方が親近感がありますし、何と言ってもコレクションしやすい、写真撮りやすい。やっぱりMASAはこのサイズが好きだと再認識しました♪

…他の色も欲しいなぁ↓



d0064280_23271974.jpg


バイオム「いい面構えしてんじゃねぇか。俺らのチームに入らねぇか?」
ミドリン「いや…あの…その…(苦笑)」

ということでミクロとのサイズ比較です。ミクロよりもちょっと小さい。ひと回りくらい小さいですね。
ちなみにこのフィギュア、もともと両肩以外、リボ球がダミーとなっているので可動させるには別売りのリボ球を購入する必要があります。
MASAは手元にあったミニチュアの初号機と大きなゼロ号機のクリアバージョンのリボ球をフル動員して両肘以外フル可動にしました。
肘だけは伸ばした状態と曲げた状態にしかできません。(ダミーの方向を変えることで出来る)

d0064280_23272687.jpgd0064280_23273319.jpg

可動させるとこんな感じです。
左が走ってるイメージ、右がカカト落としのイメージです。
やはり腰が動くといいですねぇ。よく表情がつく。
何と言っても股関節以外はミクロと同じ感覚で弄れるのが素敵。肘も可動にしてあげたいです。

d0064280_23273922.jpgd0064280_23274875.jpg
このミドリン(仮)。色がちょっとバイオムっぽかったのでバイオムのパーツを装備させてみました。
胸のパーツは本体のボディパーツを外さないと付けられません。
ボディアーマーが大きい感じがしますね。でも実は左の写真はお気に入り(笑)。だって色が綺麗なんだもそっ!!!
そこでボディアーマーだけはずしてポーズを取らせた写真。なかなか決まっていると思います♪



d0064280_23275516.jpg

最後にバイオム先輩(蛇モード)と二人でパシャ♪

かなりいいフィギュアだと思いました。まぁ関節を別途買う必要はありますが。それでも良品です。
ミクロを買いあさってた時代を思い出しました。
本当に弄っていて楽しかったです。…このサイズのミスターアッセンブルも欲しいなぁ(笑)それよりも全色欲しいな(笑)
[PR]
by taikutunimisekake | 2009-07-05 23:33 | Toyレビュー
<< リボルテックシリーズNo.03... 血潮が燃えるならただそれだけで... >>